施術を受けるのが確実です

医者と看護師

目蓋の仕組みが関係します

上目蓋の部分には上眼瞼挙筋という筋肉があって、これが目蓋を開けたり閉じたりする役割をしています。上眼瞼挙筋は眼球の上部分から伸びていますが、先端部分には個人差があって、短く止まっていることもあればより長く繋がっている場合など様々です。そして長く繋がっていると皮膚の表面近くから引っ張られることになるので、目蓋は窪みを伴いながら上がっていきます。この構造が二重の仕組みで、逆に上眼瞼挙筋が短く終わっている人は一重になります。現代では二重の方が一重よりも美しいとされる傾向が強く、自分でお手入れをして一重から二重にしようとする人は少なくありません。ただ仕組みからもわかるように、自分で行なえる程度のケアでは筋肉にまで働きかけるのは難しく、やがて二重に寄せていくというのはほぼ不可能に近いです。可能なのはせいぜい、こまめに接着剤を用いて皮膚の表面が二重に見えるようにする程度です。確実に目蓋に定着させたいのであれば、クリニックなどで施術を受けた方がよいでしょう。施術で作ることができる二重の形はある程度自由が利き、ラインを目の形に合わせたり目尻に寄せたりするなどで大きく変えられます。それぞれ異なる印象を持つため、施術をする先生としっかり相談して、慎重に決定してください。そして二重施術には複数の種類があり、元の状態への戻し易さなどが異なります。そのためその違いをしっかりと把握し、後悔しない選択をしなければなりません。ひとつは切開をする方法で、二重を作りたい部分にメスを入れて組織を切り取ってしまいます。その後に糸で結び付けて、半永久的に二重の状態を維持します。組織を切り取るため元に戻すことは不可能です。そしてもう一つは糸で組織を操作する埋没法で、皮膚に癖を付ける感覚で折り込まれる部分を作ります。目蓋のたるみ具合などで糸を縫いつける部分を瞼板か挙筋に変えますが、施術そのものは変わりません。基本的に抜糸すれば元の状態に戻すことができるいわゆるプチ整形で、二重の形を変えることも容易です。ただ糸を通す場所によっては取り除くことが難しくなることもあるので、事前に確認しておくとよいです。

Copyright© 2019 二重まぶたのプチ整形に挑戦しよう【安全性が極めて高い】 All Rights Reserved.