理想の目元を実現する

女性の目元

高い効果を得るために

二重形成の方法として切開法と埋没法とがあり、メスを使用するのが切開法でメスを使用しないのが埋没法です。施術でメスを使用する切開法は、くっきりとぱっちりとした二重形成が可能です。施術時間も短くて傷跡も気づかれないくらい小さいです。メスを使用する切開法は目尻切開なども可能で、より理想の目元になることもできます。目尻切開は切れ長に目にできますし、目と目を離す効果もあります。埋没法で二重形成をする時は、ラインのやり直しの保証に関することを知る必要もあります。ラインのやり直しや取れてしまったラインを元に戻すための施術保証は、医療機関ごとに異なります。施術に使用する道具や素材による影響は大きいので、道具や素材を意識する必要があります。埋没法で独自の糸を使用している美容整形外科は、施術後の腫れも少なくて傷跡がより目立たないこともあります。埋没法は切開法よりも施術時間は短いですが、手法によって必要な時間は異なりますので、施術前に必要な時間の確認が大切です。二重形成ではカウンセリングを重視する必要があり、カウンセリングでは施術に関する説明がなされますし、施術後に関する説明も受けます。施術後に気になることとして、ダウンタイムの長さがあります。切開法で二重にした場合は、埋没法で二重にした時よりもダウンタイムは長くなります。必要なアフターケアは施術によって異なり、施術ごとに必要なアフターケアの想定をする必要もあります。アフターケアには薬剤が必要な場合もあります。アフターケアで通院する時に処方される薬剤の費用が無料かどうかの確認も大切です。切開法で二重形成をすると、数十万円以上の費用がかかるので料金の支払い法の選択が重要となります。料金の支払い法は施術を受ける前に確認して、医療ローンの使用が可能かどうかを知ることも大切です。料金の支払い方法として、分割支払いが可能な場合もあります。可能な支払い法の確認は事前に確実に行う必要があります。医療ローンの金利はキャンペーン中はより低くなる場合もあるので、キャンペーン期間かどうかの確認も重要です。

Copyright© 2019 二重まぶたのプチ整形に挑戦しよう【安全性が極めて高い】 All Rights Reserved.