施術の種類を知る

顔に触れる女性

それぞれの特徴を抑える

二重形成は美容整形でも特に人気があり、メスを使用する場合は全切開とミニ切開に分けられます。目尻切開や目頭切開もあり、メスを使用する施術は様々な目の形を形成できます。メスを使用する切開法では、まぶたを切開して脂肪やたるみを取ります。こうすることで、大きくぱっちりとした目を半永久的に形成できます。埋没法と異なり糸が取れる心配などがない利点が、切開法による二重形成にはあります。目の形は人によって異なっていて、目が離れている場合は目頭切開をすると効果的です。目尻切開は切れ長に目にする場合に行われます。目と目を離す場合にも、目頭切開は活用されます。元の目の形と希望する目の形によって、実施される施術は異なります。自分の希望するラインは医師と共有する必要があり、そのためにカウンセリングがあります。カウンセリングではコンピューターシュミレーションが活用されます。コンピューターシュミレーションによる3Dイメージは進化していて、自分が希望するラインを画面で確認できます。二重形成を初めて行う場合は、どのような施術が良いかどうか迷うことがほとんどです。どのような施術を行うかは、カウンセリングで医師に相談して決めます。良い医師は提案力があって、より適切な施術を薦めてくれます。カウンセリングでは自分の希望する条件を適切に伝える必要があります。人によってはメスを使用することに大きな抵抗感がある場合もあります。そうした場合には、糸を使用する埋没法を選ぶと効果的です。施術の出来は使用する道具や素材に影響されるので、使用する道具の知ることが大切です。埋没法で使用する糸は特殊な細い糸で、その性能が良いほど施術による腫れが少なりなりますし、糸が外れる心配も少なくなります。ごく細の高性能な糸で施術を受けると、目を閉じた時でも施術の跡が分からないです。こうした理由から、使用する素材で美容整形外科を選ぶ人も多いです。ダウンタイムや腫れが気になる人も、埋没法を選択する傾向があります。ダウンタイムが短いと接客業の人も安心して二重の施術を受けられます。

Copyright© 2019 二重まぶたのプチ整形に挑戦しよう【安全性が極めて高い】 All Rights Reserved.